DI Onlineのロゴ画像

アイスランドの大手後発品メーカーが日本進出
あすか製薬とアクタビス社、2009年4月にも合弁会社を設立

 あすか製薬は11月11日、アイスランドの大手ジェネリック医薬品企業であるアクタビス社(Actavis Group PTC ehf)と、2009年4月をめどに合弁会社を設立する基本合意に至ったと発表した。アクタビス社は、アイスランドに本社を置き、世界40カ国でジェネリック医薬品の製造・販売を行っている企業。売上高は約2000億円で、ジェネリック専業メーカーでは第6位となる。

 設立予定の合弁会社の名称は、あすかActavis製薬。あすか製薬が資本の55%、アクタビス社が45%を出資して設立する。両社は、世界的な基準に適合した高品質のジェネリック医薬品を日本で製造・販売すると同時に、世界規模で収集・共有化された安全性情報などをタイムリーに提供することで、日本のジェネリック医薬品市場における主要な地位を目指すとしている。

この記事を読んでいる人におすすめ