DI Onlineのロゴ画像

Vol.5
併用薬だけでなく飲酒にも注意を
愛媛大学医学部附属病院薬剤部教授・荒木博陽氏に聞く

併用薬だけでなく飲酒にも注意をの画像

 睡眠薬は現在、ベンゾジアゼピン受容体作動薬の超短時間作用型および短時間作用型が主流になっています。それぞれに特徴があり、患者の年齢や肝・腎機能に加えて、療養環境なども考慮して使い分けられています。ここでは、多剤併用時の注意点や睡眠薬による運動機能への影響について説明します。

この記事を読んでいる人におすすめ