DI Onlineのロゴ画像

Vol.1
睡眠薬選択の指標は不眠のタイプと消失半減期
東京医科大学睡眠学講座教授・井上雄一氏に聞く

睡眠薬選択の指標は不眠のタイプと消失半減期の画像

 わが国で不眠を訴える方は4~5人に1人に及び、人口の約10%は不眠症として治療を受け、約5%は睡眠薬を服用しているとされています。このように不眠は頻度の高い訴えであるとともに、ストレスが多い現代社会の中で不眠を訴える方も増加しています。

この記事を読んでいる人におすすめ