DI Onlineのロゴ画像

ヒヤリハット事例
別包にしていたレボドパ製剤とカマグを施設職員が混合!

2011/10/12
澤田 康文=東京大学大学院教授 薬学系研究科 医薬品情報学講座

 マグミット<酸化マグネシウム製剤>を別包としていたが、施設では介護士が処方1の薬剤を服用時点ごとに一緒に溶かして投与していた。

この記事を読んでいる人におすすめ