DI Onlineのロゴ画像

ヒヤリハット事例
飲酒翌日なのにシアナミド服用で嘔気が出現

2010/09/08
澤田 康文=東京大学大学院教授 薬学系研究科 医薬品情報学講座

 患者は飲酒量を減らす、いわゆる節酒療法目的でシアナマイド液<シアナミド>を服用することになった。午前中に来局し、帰宅後すぐにシアナミドを服用したところ、いきなり気分が悪くなってしまい、本人と家族は大変に驚いた。薬剤師、医師による不十分な服薬指導によると考えられた。

この記事を読んでいる人におすすめ