DI Onlineのロゴ画像

ヒヤリハット事例
他人の薬情文書を誤交付されて激怒した患者

2009/08/11
澤田 康文=東京大学大学院教授 薬学系研究科 医薬品情報学講座

 患者は、前回と同じ処方であれば薬剤情報提供書はいらないと薬局に申し出ていたが、薬局側が間違って他人の薬剤情報提供書を交付してしまった。自分の薬剤情報提供もこのようにまちがって近隣の知人にわたることがあるのではないか、薬の内容から自分の病気を知られてしまうのではないかと危惧し薬局に強く抗議した。

この記事を読んでいる人におすすめ