DI Onlineのロゴ画像

ヒヤリハット事例
ジルテック錠3日間の飲み忘れ分を一気に服用した患者

2009/04/08
澤田 康文=東京大学大学院教授 情報学環/薬学系研究科 医薬品情報学講座

1 処方の具体的内容は?

50歳代男性

<処方1>病院の内科



ジルテック錠10  1錠 1日1回 夕食後服用  14 日分




2 何が起こりましたか?

・薬剤師は、患者がジルテック錠(一般名:セチリジン塩酸塩)を一度にまとめて3錠(3日分)を服用している現場を目撃した。


3 どのような過程で起こりましたか?

・患者は花粉症シーズン前からジルテックを処方されていた。薬剤交付窓口で、薬剤師が患者の服薬状況を確認したところ、最近3日間は服用していないことがわかり、必ず1日1回夕食後に服用するよう注意を促した。

・その後、患者は会計時にドリンク剤を購入。すると、薬袋からジルテックを3錠取り出し、ドリンク剤とともに一気に飲み込んだ。

・それを目撃した薬剤師が本人になぜそのようなことをしたのかと聞くと、「薬が体の中に切れていたと思ったから、飲まなかった分を今飲んだ。これで追いついた」と話した。




この記事を読んでいる人におすすめ