「行ってきます」。ほし薬局(山形県新庄市)から、そろいの青いジャケットを羽織り、管理薬剤師の星利佳氏と、栄養士の林真子氏が、元気よく出発していく。向かったのは、70代男性患者の自宅。週1回、居宅療養管理指導のため星氏が訪問しているが、月1回は林氏も同行する。林氏は、日ごろから患者の妻がタブレット端末で撮影した日々の食事について、カロリーや栄養のバランスを確認し、食事のアドバイスをしている。

「薬剤師にない栄養士の視点。健康サポート薬局の付加価値にも」の画像

ログインして全文を読む