数年前までは、利用者さんの服薬の悩みがあっても、「薬局に相談しよう」という発想はありませんでした。在宅に対応する薬局が少なかったことに加え、ケアマネジャーの認識も不十分だったからでしょう。それが今では、薬のことは薬局にという流れが定着してきました。

在宅に薬局の都合は通用しないの画像

ログインして全文を読む