DI Onlineのロゴ画像

特集◎今年こそ!一歩進んだ連携を《1》【医師の立場から】
在宅は最先端医療、押入れの残薬を探し出すことから始めてほしい
医療法人社団鴻鵠会理事長 日本在宅医療学会理事長 城谷典保氏

2018/01/09

「連携」──。 医療・介護職とつながる多職種連携も、薬剤師同士がつながる薬薬連携も、薬剤師の活躍の場を広げるためには欠かせない。2018年度調剤報酬改定のキーワードの1つでもある。これから連携を始めようという人も、既に連携しているという人も、今年は一歩先を行く新しい連携に挑戦してみよう。

この記事を読んでいる人におすすめ