居宅療養管理指導費や在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定する薬局は、実際にどのような業務を行っているのか。主な流れを図2にまとめた。まず、訪問前の薬局での準備としては、(1)医師の指示確認、(2)患者情報やこれまでの薬歴の確認、(3)調剤──などを行う。薬の管理が難しい患者が多く、調剤では一包化を必要とするケースが多い。外来であれば分包紙がつながった状態でそのまま渡すのが一般的だが、在宅ではお薬カレンダーなどにセットしやすいよう、必要に応じて1回分ずつ切り離して束ねておくといった準備をすることもある。

実際にどのような在宅業務を行っているの?の画像

ログインして全文を読む