脳には数多くの神経細胞があり、その神経細胞がつながってネットワークを形成し、電気信号により情報を伝えている。ところが、何らかの原因により神経細胞で不要な電気信号が発生し(異常な放電が起き)、神経細胞が過剰に興奮することで、てんかん発作が起きる。てんかん発作は突然起こり、痙攣だけでなく、意識を失う、体の一部がピクッと動くといった症状となって現れる。こうした発作を繰り返す慢性的な脳の障害をてんかんと呼ぶ。

てんかんとはどんな疾患?の画像

ログインして全文を読む