「ユウさん、ちょっといいッスか。抗ヒスのことなんですけど」

 ここにきて、まさかの抗ヒスタミン薬の新薬ラッシュ。ビラノア(ビラスチン)、デザレックス(デスロラタジン)、に加えてのルパフィン(ルパタジン)。パフッ、パフ~。正直、あんまり興味ない。抗ヒスタミン薬への反応性は個人差が大きいから、経験的に相性というものがあるのはわかるけど(それ故にどれがいいとか一概には言えないわけだけど)・・・。ラインナップ的にはもう十分のように感じるが、それなりに市場は活性化しているらしい。

 「いや、オレもそこはあんまし興味ないッス」。ケンシロウは首を右後ろに振って、首の骨を鳴らす。そんなに大きな音を立てて、よく何ともないものだ。「慢性蕁麻疹でエピナスチンを倍量飲んでいた方で、もう症状はないんですけど、減量して常用量であと2ヶ月は続けておくように指示されてるんです。これって必要なんスかね」

 あっ、そっちね。すまん、ケンシロウ。ただ、その件なら、調べるまでもなくガイドラインに明記されている。
推奨文:特発性の蕁麻疹では,薬物治療により症状が消失または軽快した後もしばらく抗ヒスタミン薬の内服を続ける方が良

抗ヒスの予防内服、鍵はインバース・アゴニストの画像

ログインして全文を読む