DI Onlineのロゴ画像

「保健医療2035提言書」を読んで
20年後、薬剤師の果たすべき役割はあるのか
日本薬学生連盟財務統括理事 慶應義塾大学4年 秤谷隼世

2015/07/07
20年後、薬剤師の果たすべき役割はあるのかの画像

 こんにちは。日本薬学生連盟財務統括理事を務めます慶應義塾大学4年の秤谷隼世です。厚生労働省の「保健医療2035」策定懇談会によって取りまとめられた提言書が6月9日に公表されたのをご存知でしょうか。

著者プロフィール

日本薬学生連盟(http://apsjapan.org/
日本で唯一、国際薬学生連盟(IPSF)に加盟する全国規模の薬学生団体で、旧「薬学生の集い」より名称変更して2011年に発足。13年4月に一般社団法人になりました。世界会議への参加や、公衆衛生活動、薬学教育に関する活動など、多岐にわたる活動の企画・運営を全て学生が担っています。

連載の紹介

日本薬学生連盟の「薬学生の主張」
日本薬学生連盟で企画、運営に携わる執行部のメンバーが、大学生活や、団体での活動を通して、日ごろ感じていることを、薬学生の目線で書き連ねます。

この記事を読んでいる人におすすめ