DI Onlineのロゴ画像

公開ディスカッションの論点はあれでよかったのか
日本薬学生連盟 会長 飯塚千亜希

2015/04/08

 DI Onlineをご覧のみなさま、こんにちは。4月から1年間、日本薬学生連盟の会長を務めます、慶應義塾大学薬学部4年飯塚千亜希です。去る3月12日、医薬分業について規制改革会議の公開ディスカッションが行なわれたことは、みなさんご存知のことでしょう。この公開ディスカッションが開催されることは、薬学生の中でも大きな話題となりました。

著者プロフィール

日本薬学生連盟(http://apsjapan.org/
日本で唯一、国際薬学生連盟(IPSF)に加盟する全国規模の薬学生団体で、旧「薬学生の集い」より名称変更して2011年に発足。13年4月に一般社団法人になりました。世界会議への参加や、公衆衛生活動、薬学教育に関する活動など、多岐にわたる活動の企画・運営を全て学生が担っています。

連載の紹介

日本薬学生連盟の「薬学生の主張」
日本薬学生連盟で企画、運営に携わる執行部のメンバーが、大学生活や、団体での活動を通して、日ごろ感じていることを、薬学生の目線で書き連ねます。

この記事を読んでいる人におすすめ