大量の持参薬を抱えて整形外科に入院した新田奏佑(34歳)は、透析治療中の患者だった。服薬管理ができていないことを心配したみどりが、日ごろ薬を交付しているナカノドラッグに電話をかけたところ――。

薬を交付した薬局薬剤師の言い分の画像

ログインして全文を読む