みどりの上司である薬剤師の瀬野の機転で、患者は一命を取りとめた。意識を回復した患者の様子を見てホッとしたみどり。と同時に、患者の服用歴を確認していなかった自分を反省し――。

「薬剤師の葵みどりさん」と呼ばれる日の画像

ログインして全文を読む