整形外科病棟に入院中の患者、古賀治朗(67歳)の体調を気遣う薬剤師のみどり。主治医に血液検査を提案したが、「ウチ(整形外科)で診ることじゃない」と拒否されてしまう。「けがが治って終わりじゃない!」と食い下がるみどりに、古賀の心が動く――。

患者一人ひとりに責任を持つということの画像

ログインして全文を読む