「大丈夫」と気丈に振る舞う入院患者の古賀治朗(67歳)は、早く仕事に復帰したくて退院を焦っていた。そんな古賀を心配する妻は、「本人とお医者様だけで話が進むから、『大丈夫』って言葉を信じることしかできない」と不安を口にした。それを聞いた薬剤師のみどりは――。

患者の異変を見て見ぬふり?の画像

ログインして全文を読む