DI Onlineのロゴ画像

PDF
ハイリスク薬管理指導チェックシート
漏れなくチェックし指導を充実させる

2010/12/09

解説(『日経ドラッグインフォメーション』2010年12月号より)


 福井市にあるエンゼル調剤薬局では、ハイリスク薬に関する管理指導チェックシートを作成し活用している。患者に確認したり説明すべき項目を薬効群ごとにA4判1枚程度にコンパクトにまとめ、薬剤師が患者の話を聞きながら記入できるようにしたものだ。

 同薬局を経営するエイチアンドケーの専務取締役の篠田秀幸氏は「ハイリスク薬の適切な薬学的管理と指導のためには、グループ薬局内での服薬指導の統一が必要だと考えた」と作成のきっかけを話す。チェックシートには、患者の服薬状況や検査値、患者が禁忌疾患を持っていないか、相互作用のある薬を服用していないか、副作用は出ていないかなどの項目が並んでおり、順番に聞いていくことで、経験の浅い薬剤師でも最低限の確認と説明ができるようになっている。

 使用し始めて現場からは「ハイリスク薬に対する意識が高まり、インタビューがしやすくなった」「聞き漏れがなくなった」「患者さんの問題点が見付けやすくなった」といった声が上がっているという。

 現在は、記入したチェックシートをスキャンして電子薬歴と一緒に保存。患者にヒアリングした内容や指導内容などは別途、薬歴に記録している。「次の段階としては、これを薬歴にうまく連動させることを考えたい」と篠田氏は話している。

連載の紹介

薬局で使えるパソコン用ツール
「薬局業務に使えるパソコン用ツール」がダウンロードできます。各ツールの紹介ページに書かれた注意事項や説明をよく読んでから、ダウンロードしてご使用ください。使用後の感想や開発者へのリクエストなどは、各ページの下にある「コメント」欄から投稿をお願いします。
※ツールの募集は終了しました。ご協力ありがとうございました

この記事を読んでいる人におすすめ