DI Onlineのロゴ画像

PDF
体調チェックができるお薬手帳シール
自己チェックで副作用を早期に発見

2010/12/09

解説(『日経ドラッグインフォメーション』2010年12月号より)


 広島県東広島市にある、くるみ薬局黒瀬店では体調変化を患者自身が記入できる、お薬手帳シールを使用している。副作用や相互作用を早期に発見し重篤化を回避するのが目的だ。

 シールは、疾患や服用薬によらず1種類だけ。「食欲」「生活動作」「睡眠」「トイレ」といった日常生活に直結した事柄を挙げ、変化がなかったかを問い掛ける形式になっている。患者が、何か生活上の変化を感じたら、該当する項目に○を付けてもらう。次回、服薬指導時に薬剤師が、それを参考にして患者に詳しく話を聞き、副作用の可能性を探る。

 薬ごとに副作用の症状を具体的に列挙する形にしなかったのは、患者自身が副作用と思っていないような小さな変化も含めて拾い上げるためだ。

 現在は、ハイリスク薬が処方された患者に限って、手帳にこのシールを貼付しているが、体調変化の有無を記録してきた患者のうち2割弱が「体調変化あり」と記載したという。同薬局の管理薬剤師の村山良太氏は、「手帳の持参率もアップしてきた」と手応えを語っている。

連載の紹介

薬局で使えるパソコン用ツール
「薬局業務に使えるパソコン用ツール」がダウンロードできます。各ツールの紹介ページに書かれた注意事項や説明をよく読んでから、ダウンロードしてご使用ください。使用後の感想や開発者へのリクエストなどは、各ページの下にある「コメント」欄から投稿をお願いします。
※ツールの募集は終了しました。ご協力ありがとうございました

この記事を読んでいる人におすすめ