DI Onlineのロゴ画像

PDF
副作用を記入してもらうお薬手帳シール
患者記入型で自宅で手帳を開いてもらう

2010/12/09

解説(『日経ドラッグインフォメーション』2010年12月号より)


 イムノファーマシー大阪(大阪市淀川区)では、ハイリスク薬を服用する患者向けのお薬手帳サポートシールを作成し、全社で活用している。これは副作用が疑われる体調の変化が現れていないかなどを、患者が記入するもの。薬剤師は、服薬指導時にこれらの項目について患者に説明した上で、該当するシールを手帳に貼付。患者は次回来局時までに、手帳に記入して薬局に持って来る。薬剤師はそれを確認しながら、服薬指導をするという仕組みだ。ハイリスク薬を中心に12種類程度を用意している。

 説明文書ではなく、患者記入型のフォーマットにしたのは、「患者さんに、家に帰ってからも手帳を開いてもらいたいと思ったから」と同社薬局支援本部教育研修グループリーダーの佐藤美弥子氏。記入することで、患者が自身の体調変化に目を向けるきっかけにもなる。記入してきてくれなかった患者には、来局時に薬剤師が聞き取って書き込むようにしている。

連載の紹介

薬局で使えるパソコン用ツール
「薬局業務に使えるパソコン用ツール」がダウンロードできます。各ツールの紹介ページに書かれた注意事項や説明をよく読んでから、ダウンロードしてご使用ください。使用後の感想や開発者へのリクエストなどは、各ページの下にある「コメント」欄から投稿をお願いします。
※ツールの募集は終了しました。ご協力ありがとうございました

この記事を読んでいる人におすすめ