2018年9月号の本コラムで、薬学生の意識が変わったと書いた。今や、基幹病院の“濃い”処方箋を経験できる薬局よりも、かかりつけとして健康サポートに取り組む薬局に人気が集まる。その後、変わったのは薬学生だけでないことに気づいた。薬局の吸収・合併(M&A)市場にも異変が起こっている。

大型門前薬局の値段が大暴落したワケの画像

ログインして全文を読む