本コラムも第4回目となります。 先日、兵庫医療大学の近くで日本医療薬学会年会が開催されていたので折角の機会と思い参加してきました。 ポスター発表の中に構造の類似性から副作用の可能性を考察しているものなどもあり、私も勉強になりました。 さて、第4回は第3回の続きとなる類似性、前回出題したプロドラッグについて紹介をしていきます。

数多く存在するARBは、その特徴も様々の画像

ログインして全文を読む