今回も前回に引き続き、生体内物質と医薬品の類似性について紹介します。 さて、前回のコラムの宿題はチャレンジされましたか?“化学構造式アレルギー”を発症しなかったでしょうか?もう一度思い出してみましょう。

ACE阻害薬はデザインによってこんなに違うの画像

ログインして全文を読む