DI Onlineのロゴ画像

便秘の原因はトラゼンタ!?

2020/05/07

西根「社長、関センセ、お疲れさまでしたぁ。そして、桜井センセ、ありがとしたっスぅ!!」

桜井「西根さん、社長から聞いたっスよ。よく頑張ったっス!」

西根「そんなことないですぅ。桜井センセが、この半年で薬歴や個別指導について、色々と教えてくれたおかげですよぉ」

社長「ホントだね。桜井クンが個別指導を見越して、半年間、自分の薬局の仕事の合間を縫って、西根さんの薬局の処方や薬歴をチェックしてくれたおかげだよね~」

……やっぱり、西根さんの新規個別指導の時の社長の数々のファインプレーは、桜井クンのフォローがあったんですね……。それにしても一体、桜井クンはどうしてそんなことが……。

桜井「いやいや、これもみ~んな、関先生のおかげっスよ。僕もどんな風にしたら関先生のようになれるのか、勉強してみたっス」

ボク「そ、そうだったんだ……。それならそうと、一言言ってくれたら良かったのに……」

社長「いやいや、関先生、申し訳ない!桜井クンの熱意は分かってはいたんだけど、果たして、どこまでの実力なのか、未知数だったからね」

桜井「そうっスよ!でもオレ、関先生に教えてもらった1年間を振り返って、『いつか関先生に追いつきたい』と思って、この1年間、めっちゃ頑張ったんスよ」

ボク「確かに、個別指導での社長のファインプレーを見てると、桜井クンのフォローは、とても役に立ってたみたいだね」

桜井「そんなこと……あるかもっスね!ハハハハハハっ!」

 ん~、後輩に追いつかれただけではなく、追い抜かれた感じがして、悔しい感じですよね~。

桜井「でも、今回の個別指導の患者さん、結構突っ込みどころが多くて難しかったっスよね。きっと、関センセだと『楽勝ですよね~(ルン)』とか言っちゃいそうかなぁって、心配してたんスよ」

 (カ~~~っ)(汗)

ボク「た、た、た、例えばどんなところさ?」

桜井「例えば……この患者さんっス」

 桜井クンは、4人目の患者さん(関連記事:ひどい咳にコデインリン酸塩は禁忌?)の薬歴を開きました。

著者プロフィール

関あきら(ペンネーム):関東在住の薬局薬剤師。管理薬剤師7年目にして個別指導を3度経験。「個別指導は愛のムチ」と割り切って日々勉強中。

連載の紹介

セキララ告白!個別指導
「個別指導」を経験したことはありますか?3度の個別指導を経験した筆者が、個別指導・返戻にまつわる裏話や、ちょっとためになる話を赤裸々につづります。〔本コラムでは、実際の指導記録を一部脚色してご紹介します。本コラムの情報に基いた行動で不利益が生じたとしても、一切責任を負いかねますのでご注意ください。〕

この記事を読んでいる人におすすめ