2019年4月17日~5月8日における主な改訂情報をお知らせします。トルリシティ(一般名デュラグルチド[遺伝子組換え])の重大な副作用に「重度の下痢、嘔吐」が追記されました。これは、グルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬の重大な副作用として初めての記載となります。

トルリシティの重大な副作用に重度の下痢、嘔吐が追記の画像

ログインして全文を読む