DI Onlineのロゴ画像

離島薬剤師たちの「リファネット通信」

OTC薬をきっかけに、かかりつけ薬局の存り方を考えた
田中 孝明(のぞみ薬局公立病院前店[鹿児島県南種子町] 薬局長)

2013/12/16
OTC薬をきっかけに、かかりつけ薬局の存り方を考えたの画像

 “かかりつけ薬局”とは、どういう存在であるべきなのか――。その答えの一つになりそうな出来事がありました。ある日の夕方、「傷薬を分けてほしい」と言って、1人の高齢女性が薬局にやって来ました。私が「どこに使うのですか?」と聞いたところ、「私じゃないの、おじいちゃん(夫)が使うの」との返事。そこで「おじいちゃんはどうしたのですか?」と、また問い掛けました。「転んだのよ。腕から血が出たの」。

連載の紹介

離島薬剤師たちの「リファネット通信」
離島の薬剤師が集う「離島ファーマシストネットワーク」(通称:リファネット)のメンバーが、離島医療の現場から薬剤師のやりがい、楽しさを全国に発信します。現在の執筆者はこちら

この記事を読んでいる人におすすめ