DI Onlineのロゴ画像

6月号の特集は「広がる!経皮吸収型製剤」

 雑誌「日経ドラッグインフォメーション」6月号が発売となりました。今号の見どころをご紹介します。

 特集は、「広がる!経皮吸収型製剤」です。近年、アレルギー疾患や精神疾患など、これまでなかった疾患領域にも、経皮吸収型製剤が次々登場しています(図1)。
 
 本特集では、経皮吸収型製剤の特性を押さえた上で、最近発売されたアレサガテープ(一般名エメダスチンフマル酸塩)、ハルロピテープ(ロピニロール塩酸塩)、ロナセンテープ(ブロナンセリン)、ビソノテープ2mg(ビソプロロール)の4製品について、特徴や臨床現場での使い方の実際をまとめました。

 さらに、経皮吸収型製剤を交付する際の服薬指導についても紹介。「どこの部位に貼ったらいい?」「剥がれたらどうすればいい?」「貼ったまま入浴していい?」――など、患者から尋ねられることの多い質問について、答え方のポイントを、現場の薬剤師への取材を基に解説します。

 経皮吸収型製剤に関する知識とスキルのアップデートに役立つ特集です。

図1 主な経皮吸収型製剤登場の歴史(特集記事より)

連載の紹介

日経DIプレミアム版最新号のご案内
薬剤師のスキルアップに役立つ専門情報誌「日経ドラッグインフォメーション」プレミアム版の最新号のコンテンツをご紹介します。特集やコラムなど、プレミアム版限定のコンテンツが満載です。購読はこちら⇒https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/800/

この記事を読んでいる人におすすめ