インターネットの大手通販、米国Amazon.com社が、インターネット薬局の米国PillPack社を買収するというニュースが流れ、米国大手薬局チェーンの米国Walgreen Boots Alliance社や、薬局を持つ世界最大のスーパーマーケットの米国Walmart社の株価は一気に下がりました。しかし1カ月以上が過ぎ、その株価は回復しています。

 昨今の複雑化する処方箋調剤の業界で働く薬剤師の1人として、私は“アマゾン薬局”が既存の薬局を脅かすほどの存在になるのかどうかは疑問だと感じています。PillPack社のサービスと薬局経営のポイントを考えてみました。
 一包化調剤、配達、自動リフィル、インターネットでのオーダーといった、PillPack社のサービスは、米国のほとんどの薬局が既に提供しているサービスです。

 もちろんAmazon.com社が米国の薬局業界に参入したこと自体のインパクトは大きいと感じますが、既存の薬局でそれらの薬局サービスを利用している顧客が、(1)新しい薬局でアカウントを作成する、(2)処方者全員に知らせる、(3)保険が適用されるかどうか確認する、(4)どれだけカスタマイズした対応ができるか確認する――などといったスイッチング・コストを考え

ログインして全文を読む