DI Onlineのロゴ画像

書ける!伝わる!トレーシングレポート活用術
高齢患者のDOAC処方、腎機能を確認し治療方針を共有

2019/12/23

Illustration:界屋

 薬局薬剤師が「トレーシングレポートを書こう」と思うタイミングは、患者の服用状況や処方薬に関する問題に気付いたときが多いのではないだろうか。だが筆者は、「患者の状態を確認したいとき」にもトレーシングレポートを書くことがある。具体的には、処方内容や、患者から聞き取った情報だけでは、医師の治療方針や処方意図を十分に理解することが困難な場合などである。

 今回は、直接経口抗凝固薬(DOAC)が通常用量で処方されていた高齢患者の事例を基に、トレーシングレポートによる介入について紹介したい。


連載の紹介

Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
できるだけ多くの読者に、月刊誌「日経ドラッグインフォメーション プレミアム版」(有料)の内容を知っていただくため、プレミアム版限定のスキルアップ講座や特集などの一部を、月替わりでご紹介します。(※保険薬局に1冊、無料でお届けする「ダイジェスト版」にも掲載されています。)

この記事を読んでいる人におすすめ