進行期PDとは、「既にL-ドパで治療が開始されており、L-ドパ使用に伴う種々の問題が出現している」状態を指す。L-ドパ投与の長期化とともに薬効が不安定となり、症状に日内変動が生じる。具体的には、(1)L-ドパの薬効持続時間が短縮し、次の服薬時間前に薬効がみられなくなる(wearing-off現象)、(2)薬物濃度とは無関係に症状が変動する(on-off現象)、(3)L-ドパ内服後の薬効発現の遅延(delayed on現象)や消失(no on現象)、(4)手足や体幹の不随意運動が起こる(L-ドパ誘発ジスキネジア)─などがある。

進行期パーキンソン病は運動合併症を考慮の画像

ログインして全文を読む