RIDは必ずしも高くはないが、薬剤の薬効や副作用、実際の症例報告などに基づく安全性の観点から、投与中は授乳を控えた方がいいとされている薬剤もある。

授乳中のアセトアミノフェン、どう指導する?の画像

ログインして全文を読む