今回は、高血圧とパーキンソン病の治療のため、診療所と病院に定期通院している66歳男性の症例です。パーキンソン病の診断・治療経過を把握して薬の増量への対応を検討するとともに、病状の進行に伴って、薬剤師としてどう患者を支えていくべきか、考えていきましょう。

パーキンソン病の重症度の把握に何を聞く?の画像

ログインして全文を読む