昼休みに、30代の男性が頭痛薬を購入するため、薬局を訪れました。

 頭痛に悩む人は多く、軽度の片頭痛や緊張型頭痛など、OTC薬で対処可能なケースもあります。しかし、中にはクモ膜下出血や脳腫瘍などによる二次性頭痛など、重篤な疾患が隠れていることもあり、その場合は薬局での受診勧奨が非常に重要です。OTC薬を販売する以前に、来局者が訴える頭痛がこのような重篤な疾患のサインでないかをまず探ることが欠かせません。

頭痛薬購入のため来局した30代男性の画像

ログインして全文を読む