「団塊の世代」という言葉を知っている人は多いでしょう。第2次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)の第1次ベビーブームの期間に生まれた戦後世代のことを指します。団塊の世代の高齢化によって社会保障制度が大きく影響を受けていることは、ご存知の通りです。しかし、この「団塊の世代」という言葉は、実は小説のタイトルだったということは、あまり知られていないかもしれません。

小説「団塊の世代」を読んだことはありますかの画像

ログインして全文を読む