銀杏を子どもが食べ過ぎると、「銀杏中毒」になるというのは、中毒の専門家などの間ではよく知られたことのようです。実際に、日本中毒情報センターの中毒情報ファイルにも、「銀杏は古くから薬用、食用にされてきたが、食べ過ぎると中毒を起こす、戦後の食糧難の時代に事故が多発したが、最近でも小児が食べ過ぎて痙攣を起こす事故が時々発生している」と書かれています。

銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とはの画像

ログインして全文を読む