DI Onlineのロゴ画像

薬価2億円超の薬を巡り、今起きていること

2019/09/27
清水 篤司
薬価2億円超の薬を巡り、今起きていることの画像

 日本では先ごろ、3349万円の薬価で登場した白血病治療薬のキムリアが話題になりました。しかし、米国では2019年5月に、何と2億円を超える新薬が米国食品医薬品局(FDA)から承認を受けました。今回のコラムでは、その世界最高額の医薬品を巡って、今、どのようなことが起こっているかについて見ていきたいと思います。

連載の紹介

まいにち薬剤師
保険薬局や医療機関、大学、研究機関、製薬企業、医薬品卸などで働く薬剤師に、日々の業務や日常生活を通じて感じたこと、考えたことを、つれづれなるままに執筆いただくコーナーです。さまざまな薬剤師に、単回もしくは不定期に登場していただき、薬剤師の視点から話題を提供してもらいます。このコーナーへの寄稿を希望される方は、お問い合わせフォームから編集部にご連絡ください。

この記事を読んでいる人におすすめ