学会初日の7月13日の朝は大雨の中、交番で道を尋ねながら無事に国立国際医療センターに到着。気づいてみれば駅からの一本道でしたが、私は日本国内で通じる携帯電話を持っていないため、ずぶ濡れで路頭に迷わないように細心の注意が必要でした。

国際化の進む日本の渡航医学会からの画像

ログインして全文を読む