年末から色々と忙しく、すっかり新年の挨拶のタイミングをすっかり逃してしまいました。でも日本の4月といえば「新年度」、また来月の5月には「令和」という新しい元号となります。気分一新、新しい時代のご挨拶ということで、今年も宜しくお願い申し上げます。

外国人対応に必要な3つの視点の画像

ログインして全文を読む