私は日ごろ、理系的素養が必要な薬剤師をしていますが、活字を読むことが好きで、毎日一瞬でも暇があれば電子書籍などで日本語を追いかけています。すると、思いがけないところで、渡航医学に関する話が出てくることがあり、「読書の旅」にも渡航医学は欠かせなくなっています。そこで今回は、渡航医学の知識を総動員して、垣根涼介さんの「ワイルド・ソウル(上)」を読み解いてみることにしました。

読書の旅にも渡航医学の知識をフル活用!の画像

ログインして全文を読む