DI Onlineのロゴ画像

「湿布」を英語で正しく言えますか?

2018/03/14
平井 美津子

(イラスト:イヌドウ ユウコ)

 韓国人観光客が、腰や脚を指さして痛い素振りをしながら「パス」と言っていたら、それは「湿布が欲しい」という意味です。

 最初は私も何を話しているのか分かりませんでした。そこで韓国語通訳の友人に聞いてみたところ、パスは湿布で、温湿布はハッパス、冷湿布はネンパスだと教えてくれました。

 昭和初期、韓国で日本のブランド、サロンパスが販売され、後に「パス」が韓国語の湿布を表すようになったと言われています。パスを購入した韓国人に聞いてみると、「日本のパスは品質がいい!」とのことでした。

 さて、英語で「湿布」は何と言うでしょうか?

 電子辞書で「湿布」と入力すると、poultice、cataplasm、fomentation、compressという普段あまり見慣れない単語が並んでいます。これらの単語を、英語ネイティブの友人に投げ掛けると、彼女にとっても初めての単語ばかりでした。

連載の紹介

まいにち薬剤師
保険薬局や医療機関、大学、研究機関、製薬企業、医薬品卸などで働く薬剤師に、日々の業務や日常生活を通じて感じたこと、考えたことを、つれづれなるままに執筆いただくコーナーです。さまざまな薬剤師に、単回もしくは不定期に登場していただき、薬剤師の視点から話題を提供してもらいます。このコーナーへの寄稿を希望される方は、お問い合わせフォームから編集部にご連絡ください。

この記事を読んでいる人におすすめ