オハイオ州デイトン近郊で祖父母と暮らす14歳のTori Brinkmanさんは、ヘロイン中毒だった彼女の母親との10年間の生活について、自らの言葉で語ることで、薬物依存がもたらす悲惨さを世の中に伝えようとしています。

ヘロイン中毒の母親について告白した14歳少女の画像

ログインして全文を読む