先日、「抗菌薬」もantibioticと訳していいのかなとふと疑問に思い、インターネットでantibioticについて検索していました。細菌(bacteria)に対抗する(anti)という意味でantibacterial、 microbe(微生物)に対抗するという意味でantimicrobialとなり、両者とも「抗菌(性)の、抗菌薬」を表す専門用語となります。実際には、英文雑誌やニュースなどでは、“a drug that is used to kill harmful bacteria and to cure infections”と定義されるantibioticが、抗生物質と抗菌薬の両方の意味で用いられていることが多いようです。

Antibioticの乱用とスーパー耐性菌の脅威の画像

ログインして全文を読む