DI Onlineのロゴ画像

結核はまさに古くて新しい感染症!

2016/03/14
平井 美津子
結核はまさに古くて新しい感染症!の画像

 昨年の暮れ、ある友人と10年以上ぶりに会って食事した時のこと。彼女は、夫が結核と診断され、数種類の抗結核薬(anti-tubercular medicines)を処方されていると言いました。かぜも引いていないのにしばらく咳が続いたので、病院で詳しく検査したところ、結核であることが判明したそうです。身近に結核患者はおらず、本人も全く身に覚えがなく、体力に自信があっただけにショックを受けたとのことです。幸いにも彼女は感染していませんでした。

連載の紹介

まいにち薬剤師
保険薬局や医療機関、大学、研究機関、製薬企業、医薬品卸などで働く薬剤師に、日々の業務や日常生活を通じて感じたこと、考えたことを、つれづれなるままに執筆いただくコーナーです。さまざまな薬剤師に、単回もしくは不定期に登場していただき、薬剤師の視点から話題を提供してもらいます。このコーナーへの寄稿を希望される方は、お問い合わせフォームから編集部にご連絡ください。

この記事を読んでいる人におすすめ