DI Onlineのロゴ画像

第1回
ピロリ除菌で思い出す、あの格闘家

2017/07/28

自分磨きの旅に10年間も出ていた白金博士(左)と、その間に出世した戸越講師。この名コンビがクスリの名前の由来について、語り合います。

 こんにちは、笠原英城です。

 日経DIの本誌で、かれこれ15年以上日経DIクイズを執筆していますので、私の名前をご存知の方もおられるでしょう。英城はエイジョウと読みます、名前は難しいですよね。プロフィールの写真を見て、「こんな顔してるんだ~」「高田純次みたい」と思った方もいるかもしれません。

 さて、この度、DI Onlineで「クスリの名前 探検隊」を連載することになりました。 

 新連載といいましても、さかのぼること12年前、私が保険薬局に勤務していた時に本誌で同名コラムを連載していました。30代半ば以上の読者の方々は覚えていらっしゃいますかね?そう、薬の名前の由来を調べる使命を持った探検隊、白金博士や戸越助手たちが繰り広げる掛け合いのコーナーです。

 あれから時を経て、新しい薬もどんどん出てきました。そこで、パワーアップした白金博士、出世した戸越講師、そして、たまーに別のキャラクターも登場してもらいながら、クスリの名前の由来を大いに語ってもらおうと思っています。

 ではどうぞ~。



著者プロフィール

笠原英城(日本医科大学武蔵小杉病院 薬剤部長)かさはら えいじょう氏 東京都生まれ、1984年星薬科大学卒業。東京大学医学部附属病院の研修生を経て、国家公務員共済組合連合会虎の門病院(東京都港区)に就職。KDDI診療所、保険薬局の薬剤師、千葉県済生会習志野病院(千葉県習志野市)を経て現職。日本薬剤師会薬価基準検討委員会委員、日本医療機能評価機構医療事故情報収集等事業分析班委員、日本医療薬学会医療事故調査制度、個別調査部会員を務める。

連載の紹介

クスリの名前 探検隊
医薬品のインタビューフォームに書かれた、クスリの名前の由来。その語源を探る使命を負った「探検隊」の博士と講師が、コメディータッチで語り合います。著者は日経DIクイズ出題者でおなじみの笠原英城氏。くすっと、時にホロっと、そしてためになること間違いなし!

この記事を読んでいる人におすすめ