DI Onlineのロゴ画像

新型コロナワクチン接種での病院薬剤師の役割

2021/03/25

 2021年2月から、全国で新型コロナウイルスのワクチン接種が医療職に対して始まっています。倉敷中央病院では新型コロナワクチン接種を行う基本型接種施設に指定されており、21年3月18日、19日にまず曝露リスクの高い職員に対して第1陣の接種が行われました。当初は薬剤部も第1陣として受ける予定でしたが、初回の納入数が足りなかったこともあり、第2陣として4月中に受ける予定です。

著者プロフィール

らくすりくん(ペンネーム)◎倉敷中央病院(岡山県倉敷市)薬剤部のベテラン薬剤師。

連載の紹介

こちら倉敷中央病院薬剤部です!
病床数1166床の急性期病院、倉敷中央病院に勤務する薬剤師が、イマドキの病院薬剤師の業務、その思いについて語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ