DI Onlineのロゴ画像

病棟活動の実績を上げつつ残業を減らすには

2021/02/25

 現在、病院薬剤師にとって病棟での活動(病棟薬剤業務)は業務の柱の1つであると言ってよいでしょう。しかし、院内の限られた薬剤師数で、どのような体制で病棟薬剤業務を行うかは各病院で試行錯誤されていると思います。今回は、当院の病棟薬剤業務の“独特な”体制、病棟担当薬剤師の役割を紹介します。

著者プロフィール

らくすりくん(ペンネーム)◎倉敷中央病院(岡山県倉敷市)薬剤部のベテラン薬剤師。

連載の紹介

こちら倉敷中央病院薬剤部です!
病床数1166床の急性期病院、倉敷中央病院に勤務する薬剤師が、イマドキの病院薬剤師の業務、その思いについて語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ