DI Onlineのロゴ画像

「倉中DMAT」を人吉の豪雨被災地へ派遣

2020/07/29

 令和2年7月豪雨では、九州各地で甚大な被害が出ました。その際に倉敷中央病院からも薬剤師を含む災害派遣チーム Disaster Medical Assistance Team(以下DMAT)を派遣しました。今回は、被災地域でDMAT薬剤師がどのような活動を行ったのかを紹介します。

著者プロフィール

らくすりくん(ペンネーム)◎倉敷中央病院(岡山県倉敷市)薬剤部のベテラン薬剤師。

連載の紹介

こちら倉敷中央病院薬剤部です!
病床数1166床の急性期病院、倉敷中央病院に勤務する薬剤師が、イマドキの病院薬剤師の業務、その思いについて語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ