今回は、院内の処方監査システムに関して、取り上げます。薬剤師は処方箋の内容について、その適切性を評価し、必要に応じて処方医に対して疑義照会を行わなければなりません。しかしながら、何をもって適切性の評価とするかは、薬剤師一人ひとりの経験と能力によるところが大きいと思います。

オリジナルの処方監査システムを作っていますの画像

ログインして全文を読む